計測器・理化学機器
専門通販サイト

計測器・理化学機器専門通販サイト|株式会社テックジャム
特注対応実施中
買い物カゴを見る

残留塩素

残留塩素では、以下の種類の商品を取り扱っています。

残留塩素で販売している商品のご紹介

塩素は、公定法やJIS法、衛生試験法などで採用されているDPD比色法で遊離残留塩素を測定するものが主な機器です。主な用途は、水道水やプールの水質検査など、低濃度の残留塩素を測定する用途となります。測定方法は、測定したい水を容器に入れ、DPD試薬を混ぜ、変色したものと色見本とを比較して、残留塩素濃度を測定します。人が色を見て、数値を判断するため、読み取り誤差が発生するため、デジタルタイプの残留塩素計が販売されています。また、試薬を混ぜる作業が面倒で、ランニングコストがかかるということで、試薬不要タ

  • 残留塩素測定器 DPD法

    残留塩素測定器DPD法とは、水道水やプール、ビル管法など塩素消毒した後の水中にある消毒効果のある状態で残っている有効塩素(残留塩素)を公定法やJIS法、衛生試験法などで採用されているDPD比色法で測定する機器です(デジタルタイプは別カテゴリー)。
    残留塩素濃度の測定方法は、法規ではDPD法と決められています。水道法では、「遊離残留塩素を0.1mg/L以上保持するように塩素消毒をすること」と規定されています。遊離残留塩素は、消毒効果が強く、即効性があります。そのため、水の検査ではまず遊離残留塩素濃度を測定します。

    残留塩素測定器の種類と選び方は、測定範囲と測定項目により大まかな機種を選定し、消耗品のDPD試薬のランニングコストを踏まえ、色比較のしやすさなど作業性を考えて、選定することになります。
    残留塩素測定器の使い方は、容器に測定したい検水を入れ、試薬を混ぜて、色の変化を見て、残留塩素濃度の基準色と比較して、残留塩素を測定することになります。使用上の注意としては、水温が15〜40℃の間で測定可能ですが、30℃を超えると塩素が揮発しやすくなるため、測定値がバラツキます。

    残留塩素計(Checker HCシリーズ) HI701から、pH残留塩素計 試薬付まで、残留塩素測定器 DPD法を多数取り揃えています。

  • 残留塩素測定器 DPD法販売価格一覧を見る
  • 残留塩素計(Checker HCシリーズ) HI701の画像
    残留塩素計(Checker HCシリーズ) HI701
  • 残留塩素計(Checker HCシリーズ) HI711の画像
    残留塩素計(Checker HCシリーズ) HI711
  • ウォーターテスター WT-2の画像
    ウォーターテスター WT-2
  • 笠原理化工業 上水試験準拠残留塩素測定器 DP-7Zの画像
    笠原理化工業 上水試験準拠残留塩素測定器 DP-7Z
  • デジタル残留塩素計

    デジタル残留塩素計とは、低濃度や高濃度の遊離残留塩素や総残留塩素を測定するデジタルタイプの残留塩素計で、測定容器に検水入れ振り混ぜ、その測定容器が変化した色と色見本とを比較して、残留塩素濃度を読み取り、デジタル表示する残留塩素計です。いわゆる測定器の校正の役目が試薬となります。
    デジタル残留塩素計の選び方は、測定項目と測定範囲を選び、価格や操作性などにより選定ください。残留塩素測定器より価格は高いですが、測定者による読み取り誤差がなく、その他水質検査項目も測定できる機器もあるため、使用用途や回数などのランニングコストも考え、選定ください。おすすめの残留塩素計は、ハンナや柴田科学、デジタルパックテストなどで、使い方が多少違うだけで、誰でも、どこでも簡単に残留塩素の濃度測定が可能な残留塩素計です。
    主な用途としては、水道法やビル管理法をはじめ、水道水、プール、消臭除菌水、消毒液など幅広く普及している計測器です。

    ハンナ デジタル残留塩素テスター/遊離塩素(低濃度)から、ポータブル型デジタル残留塩素計/遊離塩素(低濃度)/全塩素(高濃度)アクセサリ付まで、デジタル残留塩素計を多数取り揃えています。

  • デジタル残留塩素計販売価格一覧を見る
  • ハンナ デジタル残留塩素テスター/遊離塩素(低濃度)の画像
    ハンナ デジタル残留塩素テスター/遊離塩素(低濃度)
  • 残留塩素/pH水質測定セットの画像
    残留塩素/pH水質測定セット
  • ボータブル残留塩素計 遊離塩素(低濃度) の画像
    ボータブル残留塩素計 遊離塩素(低濃度) 
  • デジタル残留塩素テスター/全塩素(低濃度)の画像
    デジタル残留塩素テスター/全塩素(低濃度)
  • 残留塩素試薬 DPD法他

    残留塩素測定用DPD試薬とは、公定法やJIS法、衛生試験法などで採用されているDPD比色法で測定するために必要な試薬です。いわゆる残留塩素計の校正の役目となるのがDPD試薬となります。
    必ず残留塩素測定器本体が必要となりますので、ご注意ください。

    残留塩素測定用PD試薬の種類は、粉体と錠剤タイプがありますが、粉体試薬が売れています。
    選び方は、原則、本体とオプションである試薬はセットで使用するものですから、本体専用のDPD試薬を使うことになります。
    メーカでは、専用オプショ

    DPD液体試薬 DPD-WA-18 18mlから、粉体試薬 DPD法 徳用(500回分)まで、残留塩素試薬 DPD法他を多数取り揃えています。

  • 残留塩素試薬 DPD法他販売価格一覧を見る
  • DPD液体試薬 DPD-WA-18 18mlの画像
    DPD液体試薬 DPD-WA-18 18ml
  • DPD粉末試薬 DPD-F-1(100回分)の画像
    DPD粉末試薬 DPD-F-1(100回分)
  • 粉体試薬 DPD法用(100回分)の画像
    粉体試薬 DPD法用(100回分)
  • 残留塩素測定用ラピッドDPD試薬 36542-96の画像
    残留塩素測定用ラピッドDPD試薬 36542-96
  • 試薬不要残留塩素計

    試薬不要残留塩素計とは、残留塩素を測定する際、必須だったDPD試薬を使わずに、測定できる残留塩素計です。但し、使用開始時には、機器の校正が必要で、その校正には、従来の試薬を使用する残留塩素測定器が必要です。
    初期導入時の価格は高いですが、最初だけ試薬を使った校正をするだけなので、その日は、試薬を使わず、残留塩素を測定しますので、応答速度も速く作業性が良くなり、試薬を使う量が少なくなるので、ランニングコストも低くなります。測定回数が多いお客様には、おすすめです。また、東亜DKK製やタニタ製がおすすめです。
    使い方は、校正さえ終われば、測定したい水にセンサを漬けるだけで、残留塩素濃度をデジタル表示します。測定毎にセンサの洗浄は必要となり、校正も毎日1回は行ってください。
    高濃度残留塩素計の選び方は、機種も少ないため、詳細仕様を確認し、用途に合わせて選定ください。
    主な用途としては、水道水やプールの水、除菌水など低濃度の残留塩素の用途となります。

    タニタ 残留塩素計 EW-520から、ポータブル残留塩素計 RC-31P-Q(給水用)まで、試薬不要残留塩素計を多数取り揃えています。

  • 試薬不要残留塩素計販売価格一覧を見る
  • タニタ 残留塩素計 EW-520の画像
    タニタ 残留塩素計 EW-520
  • 残留塩素チェッカー(水道水用) EW-506の画像
    残留塩素チェッカー(水道水用) EW-506
  • 残留塩素計セット EW-521の画像
    残留塩素計セット EW-521
  • ポータブル残留塩素計 RC-31P-Q(給水用)の画像
    ポータブル残留塩素計 RC-31P-Q(給水用)
事業内容
科学機器・計測器(測定器)・検査機器・理化学機器・科学研究機器の販売及び新製品開発、WEBマーケティング、ASPサービス
営業品目
温度計・サーモグラフィ・光学機器(顕微鏡)他各種計測器(測定器)、水質検査・細菌検査他各種検査機器、センサ、測量、工具、ビーカ・フラスコ・科学実験など理科実験器具、超音波洗浄器・オートクレーブ・ドラフトチャンバ他各種理化学機器、科学研究機器
資格・許可番号
全省庁統一資格 0000090630 / 高度管理医療機器等販売業・賃貸業許可番号 第15N00181号 / 毒物劇物一般販売業登録番号 第15H00079号 / 大阪商工会議所会員 会員番号:KT-01-00009662 / 古物商許可番号 大阪府公安委員会 第621022200507号 / 公益社団法人日本通信販売協会オンラインマーク認証番号 J61990-1-13
本社

〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋2-2-9-4F E-mail:office@tech-jam.com 電話番号:06-6355-7570 FAX番号:06-6355-7605

東京営業所

〒135-0031 東京都江東区佐賀1-2-8 E-mail:office@tech-jam.com 電話番号:03-5842-7681 FAX番号:03-5802-1721

お振込み口座

近畿大阪銀行 天神橋筋支店(店番号:110)普通:0068509 名義:カ)テックジャム

三菱東京UFJ銀行 梅田支店(店番号:044)当座:297174 名義:カ)テックジャム

三井住友銀行 梅田支店(店番号:127)当座:226079 名義:カ)テックジャム

ゆうちょ銀行 00950-0-304223 名義:カ)テックジャム

計測器・理化学機器専門通販サイトの株式会社テックジャムが運営しております。Copyright (c) Tech-Jam All rights reserved.