計測器・理化学機器
専門通販サイト

計測器・理化学機器専門通販サイト|株式会社テックジャム
買い物カゴを見る

ビル管理法 雑用水 pH計に関して

雑用水 pH測定

ビル管理法の中の「雑用水の管理」という項目の中に
「pH値を5.8以上8.6以下。検査:7日以内ごとに1回」
という基準があり、 pH値の測定を行わないといけません。

雑用水とは、建築物内の発生した排水の再生水の他、雨水、下水処理水、工業用水等を、便所の洗浄水、水景用水、栽培用水、清掃用水等として用いる水のことです。

pHとは、水溶液の性質(酸性・アルカリ性)の程度をあらわす単位です。中性はpH7、これより低い方を酸性、高い方をアルカリ性と呼びます。

pH計に関してですが、弊社取扱いのpH計は大きく二つのタイプが御座います。
1.色で数値を見るタイプ(指示薬法)
2.デジタルで数値を見るタイプ(ガラス電極法)
になります。
違いは、pH値を色で見るか、デジタル数値で見るかの違いです。

色で数値を見るタイプ(指示薬法)のpH計の良い点は
・デジタルタイプのpH計より価格が安い
・水につけるだけで測定が簡単

悪い点は
・色で見るので見え方や人によって測定値の差が出る可能性があります。

デジタルで数値を見るタイプ(ガラス電極法)のpH計の良い点は
・デジタル表示なので、人によってのpH値の読取の差がありません。

悪い点は
・色で見るタイプのpH計より価格が高い
・機器なので落とした衝撃で壊れる可能性があります。また、価格が安価なタイプのpH計は修理不可で新しく買い替える必要が御座います。
・測定の際にpH校正液(標準液)を使用しないといけません。

弊社では、色で数値を見るタイプ(指示薬法)のpH計
デジタルで数値を見るタイプ(ガラス電極法)のpH計
どちらのタイプのpH計も弊社ではご用意しております。

弊社としておすすめのビル管理法 pH計は下記になります。
コンパクトPHメータ<LAQUAtwin> B-711

おすすめ理由ですが、
1.ビル管理法の「雑用水の管理」のpH値の検査方法に関して、ガラス電極法のpH計を使ってとの事。
2.センサー部分が平面なので、サンプル量も少なく、ビーカーや容器などいらず、直接すくい取って測定できます。
3.完全防水・防塵(IP67相当)なので屋外でも安心して使えます。

その他pH計はこちら⇒pH計仕様比較一覧

ただ、専門的な内容すぎて、理解できない、わからないという方は、個々にご提案させて頂きますので、お気軽にお問合せください。
株式会社テックジャム本社 TEL:06-6355-7570 FAX:06-6355-7605
〒530-0041 大阪市北区天神橋2-2-9 プラネット南森町4階
東京営業所 TEL:03-5842-7681 FAX:03-5802-1721
〒135-0031 東京都江東区佐賀1-2-8
mail: customer@tech-jam.com

商品選定にお困りの際はお問合せください。ご利用用途などから最適な機種をご提案させて頂きます。→依頼する

計測器・理化学機器専門通販サイトの株式会社テックジャムが運営しております。Copyright (c) Tech-Jam All rights reserved.