now loading...
研究備品から設備まで科学研究機器の特価セール中

角瓶A型 100ml

液量がひと目でわかるPP製です。(キャップはPE製)
角瓶A型 100mlの画像

角瓶A型 100mlの参考・技術資料



販売価格(税抜)
標準価格
152円
177円
納期 1~2日
商品コード SAN2126

 主な仕様

  • 容量 0.1L
    外寸法(mm) 40×40×110H
    口径(mm) 16.5φ
    中栓 付(LDPE製)
    その他仕様 ※各寸法は参考値となります。 ※中栓付 ※材質 本体:PP、キャップ:HDPE、中栓:LDPE

 主な特徴

    • 表示価格は1個単位の価格になります。
    • 液量がひと目でわかるPP製です。(キャップはPE製です。)
    • 【注意】
      ケース単位でご購入希望の方は、この画面の左側にございます「お問い合わせボタン」からご依頼下さい。
    • RoHS対象の六物質に対し基準をクリアした製品です。代表製品についてのデータも準備しております。

角瓶A型 100mlのセット商品はこちら


角瓶A型 100mlのシリーズ商品


角瓶A型 100mlのおすすめ商品


角瓶A型 100mlとご一緒にいかがでしょうか


角瓶A型 100mlに関するよくあるご質問

Q.質問
A.回答
本体・キャップ・中栓の素材と耐熱温度を教えてください。
本体はポリプロピレンで耐熱温度は約130℃、キャップ・中栓はポリエチレンで耐熱温度は約80℃です。
本体・キャップ・中栓の素材と耐熱温度を教えてください。
本体はポリプロピレンで耐熱温度は約130℃、キャップ・中栓はポリエチレンで耐熱温度は約80℃です。
硝酸1%を入れたところ、瓶がピンク色に変色しました。この原因は何ですか?硝酸を入れると変色するものでしょうか?
ポリプロピレンがピンク~黄色に変色する場合はフェノール系化合物の酸化によるものである可能性が考えられます。 ●フェノール系化合物の出所  ①樹脂中に配合された添加剤(一般グレードのPPにはほぼ全てにフェノール系化合物は配合されています。)  ②包装フィルム・ダンボール中の薬剤(フェノール系化合物が含有。) ●変色が起こりやすい状況  ①製品成型後長時間保管された場合  ②光のあたらない場所で保管された場合  ③窒素酸化物(=排気ガス等)の多い大気中で保管された場合  ④印刷インキ・包装フィルム・ダンボール等と接触した状態で長時間保存された場合 このご質問の変色がフェノール系化合物の酸化と仮定すると、内容物の硝酸が酸化を促進したものも変色の一因と考えられますが、低濃度の硝酸と接触しただけでは通常ピンク色に変色しませんので,環境条件等が複雑に影響していると思われます。
硝酸1%を入れたところ、瓶がピンク色に変色しました。この原因は何ですか?硝酸を入れると変色するものでしょうか?
ポリプロピレンがピンク~黄色に変色する場合はフェノール系化合物の酸化によるものである可能性が考えられます。●フェノール系化合物の出所 ①樹脂中に配合された添加剤(一般グレードのPPにはほぼ全てにフェノール系化合物は配合されています。) ②包装フィルム・ダンボール中の薬剤(フェノール系化合物が含有。)●変色が起こりやすい状況 ①製品成型後長時間保管された場合 ②光のあたらない場所で保管された場合 ③窒素酸化物(=排気ガス等)の多い大気中で保管された場合 ④印刷インキ・包装フィルム・ダンボール等と接触した状態で長時間保存された場合このご質問の変色がフェノール系化合物の酸化と仮定すると、内容物の硝酸が酸化を促進したものも変色の一因と考えられますが、低濃度の硝酸と接触しただけでは通常ピンク色に変色しませんので,環境条件等が複雑に影響していると思われます。
金属分析に使用しているのですが問題ないですか?
この商品のみならず、プラスチックには金属が微量(触媒など)ながら含まれています。分析の目的によっては影響が出ます。この様な場合は、お客様にて、ブランク操作による確認をお勧めしております。また、最も金属の溶出の少ないプラスチックとして使用されているのは、テフロンに代表されるフッ素系樹脂です。但し、丸型だとPFA製がありますが、角型だとPTFEの切削ものになり、加工時に刃が触れるので使用時の洗浄を十分にする必要があります。
では、変色しない様にする対策はありますか?
 ①フェノール系化合物の酸化を促進する物質(排気ガス・印刷インキ)との共存及び酸化を促進する環境(高温・多湿)等を避けて下さい。  ②包装材には表面塗布の多い漂白紙や印刷紙などは使用しないで下さい。  ③製品の長期保存は可能な限り避けて下さい。
金属分析に使用しているのですが問題ないですか?
この商品のみならず、プラスチックには金属が微量(触媒など)ながら含まれています。分析の目的によっては影響が出ます。この様な場合は、お客様にて、ブランク操作による確認をお勧めしております。 また、最も金属の溶出の少ないプラスチックとして使用されているのは、テフロンに代表されるフッ素系樹脂です。但し、丸型だとPFA製がありますが、角型だとPTFEの切削ものになり、加工時に刃が触れるので使用時の洗浄を十分にする必要があります。
では、変色しない様にする対策はありますか?
 ①フェノール系化合物の酸化を促進する物質(排気ガス・印刷インキ)との共存及び酸化を促進する環境(高温・多湿)等を避けて下さい。 ②包装材には表面塗布の多い漂白紙や印刷紙などは使用しないで下さい。 ③製品の長期保存は可能な限り避けて下さい。

角瓶A型 100ml の関連カテゴリ


商品を選ぶ サポート 企業情報
カテゴリ一覧 サイトマップ 会社概要
メーカ・ブランド名一覧 よくある質問 個人情報保護方針
おすすめ販売特集一覧 お問い合わせ 特定商取引法に基づく表示
特集記事一覧 FAX問い合わせ 納入実績
Q&A一覧 FAX注文

計測器・理化学機器専門通販サイトの株式会社テックジャムが運営しております。
Copyright (c) Tech-Jam All rights reserved.