now loading...
研究備品から設備まで科学研究機器の特価セール中

細菌検出紙 一般細菌検出紙

判定後の検出紙は長期保存可能
細菌検出紙 一般細菌検出紙の画像

販売価格(税抜)
標準価格
6,650円
7,000円
納期 7日
商品コード KN3318252

 主な仕様

  • 反応対象/反応色 細菌/赤
    入数 100枚
    保存 要冷蔵2~8℃(遮光保存)
    有効期限 1年間

 主な特徴

    • 目に見えない細菌の汚染を、専門的な知識のない方でも簡単に検査できる細菌検出紙です。
    • 食品・器具・手指などの細菌汚染を、簡単に検出できます。
    • 判定後の検出紙は長期間保存することができます。
    • 検出紙を検体に浸漬し、恒温器に入れるだけで検出できます。
    • ※保存:要冷蔵2~8℃(遮光保存) 有効期限:1年間

細菌検出紙 一般細菌検出紙のセット商品はこちら


細菌検出紙 一般細菌検出紙のシリーズ商品


細菌検出紙 一般細菌検出紙のおすすめ商品


細菌検出紙 一般細菌検出紙とご一緒にいかがでしょうか


細菌検出紙 一般細菌検出紙に関するよくあるご質問

Q.質問
A.回答
夏休みの自由研究で、ペットボトルなど口を直接つけて飲んだ後、飲料水の中の細菌の繁殖について知りたいのですが、どのような商品がよいのでしょうか。
細菌の検出を簡単にできるものはありません。 どうしてもインキュベーターなどで培養する必要があります。
飲料水の一般細菌検査として使用したいのですが、水道法9項目の検査のように1ml中の大体の個数が出るのでしょうか?
あくまで簡易検査を目的とした試験紙ですので、1ml中の菌数などの確認はできません。
水の中にいる細菌を自分たちで検査したいのですが、この商品で可能でしょうか?
使用可能です。ただし、別途インキュベータが必要です。
の商品は菌を培養してから行うものですか?また、試験結果が出るまでどのくらい時間がかかりますか?使用方法を教えてください。もしも他にいいものがありましたら教えてください。培養せずに簡易でその場で試験結果がすぐに出て、安価なものを教えてください。
培養しなければ細菌の結果は出ない為、簡易で培養せずその場で結果の出る商品はありません。
簡単に検出できるとありますが、培養しないで検出することが可能でしょうか?また、検出するのに、おおよその時間はどのくらいでしょうか?この試験紙の使用方法、検出までの手順を教えていただけたらと思います。
培養は必要です。 検体につけて恒温器(インキュベーター)にいれて培養します。 細菌に対する反応色:赤 培養時間:35?37℃24時間 保存方法:冷暗所(冷蔵庫) 有効期限:製造より1年間
恒温器は別売りでしょうか? また、もう少し早く判定できるものはないでしょうか?10分030分程度で。
恒温器は別途ご用意下さい。細菌の増殖速度に制限されますので、ご希望の時間で検出できる培養検査機器はございません。検出項目は変わりますが、短時間での検査であれば、ATP検査装置をおすすめ致します。
飲料水の一般細菌および大腸菌の試験をしたいのですが、適切な商品をご紹介いただけますか? ご連絡お待ちしております。
飲料水の細菌検査をする場合には、ろ過培養という方法が必要です(細菌濃度が低いため) メンブレンフィルタ法をおすすめします。

細菌検出紙 一般細菌検出紙 の関連カテゴリ


商品を選ぶ サポート 企業情報
カテゴリ一覧 サイトマップ 会社概要
メーカ・ブランド名一覧 よくある質問 個人情報保護方針
おすすめ販売特集一覧 お問い合わせ 特定商取引法に基づく表示
Q&A一覧 FAX問い合わせ 納入実績
FAX注文

計測器・理化学機器専門通販サイトの株式会社テックジャムが運営しております。
Copyright (c) Tech-Jam All rights reserved.