now loading...
病院、介護施設はじめ全ての医療従事者様のリスクを負っての新型コロナウイルスへの対応に敬意と感謝申し上げます。
次亜塩素酸消臭除菌水、超音波霧化加湿器、クリーンルーム・N95規格マスク、自動手指消毒器他感染予防対策品が在庫となりました。

ガスクロマトグラフ分析装置 GC7100TF

アルコールから脂質まで幅広い有機化合物分析のスタンダード
ガスクロマトグラフ分析装置 GC7100TFの画像

販売価格(税抜)
標準価格
別途御見積
1,700,000円
納期 別途ご連絡
商品コード KN3314201

 主な仕様

  • 検出器 TCD FID
    試料導入部 ゴーストレス注入口 室温~400℃(1℃ステップ) 過熱防止機構
    恒温槽 強制熱風循環方式 室温+10~400℃
    温度範囲 昇温段数:3段 昇温設定:0.1~99.9℃/分
    電源 AC100V 50/60Hz 1.5kVA
    大きさ 495×550×440mm 約40kg(カラム槽:240×135×240mm)

 主な特徴

    • %レベルからppbレベルまで、あらゆる分析に対応しています。
    • 1台でパックドカラムとキャピラリーカラムを取付けできます。
    • 小型汎用機ながら、TCD検出器・FID検出器を同時搭載しています。
    • ※本機のみでは分離分析ができません。クロマトデータ処理装置(専用タイプ)、コンプレッサ、分析用カラム、高圧ガス、据付調整費などが必要です。

ガスクロマトグラフ分析装置 GC7100TFのセット商品はこちら


ガスクロマトグラフ分析装置 GC7100TFのシリーズ商品


ガスクロマトグラフ分析装置 GC7100TFとご一緒にいかがでしょうか


ガスクロマトグラフ分析装置 GC7100TFに関するよくあるご質問

Q.質問
A.回答
はじめてガスクロマトグラフ分析装置を導入しようと考えているのですが具体的な用途を教えて下さい。
ガスクロマトグラフは基本的には常温で気体のもの、または、加熱すると蒸発(気化)するものを分離、検出することで 物質の種類や濃度を分析することができます。 カタログに掲載している機種は、標準的な無機気体成分および有機化合物の分析におすすめのタイプです。 別途、無機気体成分(たとえば、二酸化炭素や一酸化炭素、水、水素、アルゴンなど)のみの場合はTCD(熱伝導検出器)を、 有機化合物(たとえば、アルコール、エーテル、ケトン、エステルなど)のみの場合はFID(水素炎イオン化検出器)のみも ご用意しております。

ガスクロマトグラフ分析装置 GC7100TF の関連カテゴリ


商品を選ぶ サポート 企業情報
カテゴリ一覧 サイトマップ 会社概要
よくある質問 個人情報保護方針
お問い合わせ 特定商取引法に基づく表示
Q&A一覧 FAX問い合わせ
FAX注文 納入実績

計測器・理化学機器専門通販サイトの株式会社テックジャムが運営しております。
Copyright (c) Tech-Jam All rights reserved.