now loading...
病院・介護、全ての医療従事者様のリスクを負っての新型コロナウイルスへの対応に敬意と感謝申し上げます。
二酸化炭素濃度計、超音波加湿器(霧化)、空間除菌の次亜塩素酸除菌水、N95マスク・ニトリル手袋など感染予防対策品も在庫へ

コンパクト導電率計(電気伝導率計) B-771

ごく微量(0.12mL~)のサンプルで電気伝導率(導電率、EC)を測定するコンパクト電気伝導率計です。
コンパクト導電率計(電気伝導率計) B-771の画像

販売価格(税込)
標準価格(税込)
30,305円
31,900円
納期 2~3日
商品コード B-771

※本製品は取扱い中止になっております。代替品や最適機種をご提案させて頂きます。質問ボタンより、用途や仕様や価格などご希望条件をお教えください。

※この商品は現在取扱いしておりません


 主な仕様

  • 測定原理 交流2極法
    測定必要試料量 0.12mL以上
    測定範囲 電気伝導率:0~19.9mS/cm(0~1.99S/m)
    食塩濃度換算:0~1.1%、TDS換算:0~9900ppm
    表示範囲 0~199mS/cm (0~19.9S/m) *1
    *1)測定範囲外は点滅表示(参考値)になります。
    校正 自動2点校正*2
    *2)自動1点校正または自動2点校正(選択可) 高電気伝導率標準液は別売りになります。
    精度 各レンジに対して ±2%F.S.±1digit *3
    *3)標準液にて校正後、同標準液を測定した時の繰り返し再現性を示します。①±5μS/cm (0~199 μS/cm )②±0.05mS/cm(0.20~1.99mS/cm)③±0.5mS/cm (2.0~19.9mS/cm)④±5mS/cm (20~199mS/cm)込浣볯よ뷯㆞㤮匹볯涏
    レンジ及び分解能 ①0~199 μS/cm : 1μS/cm 、②0.20~1.99mS/cm : 0.01mS/cm
    ③2.0~19.9mS/cm : 0.1mS/cm、④20~199mS/cm : 1mS/cm
    主な機能 塩分/TDS測定・自動温度換算(25℃温度換算係数2%固定)・自動レンジ切替・防水構造*4・オートホールド・オートパワーオフ(15分)
    *4)IP67相当:水深1mにおいて30分間浸漬させても故障しない。水中では使用できません。
    使用温度・湿度 5~40℃、85%相対湿度以下(ただし結露しないこと)
    電源 コイン型リチウム電池 3V(CR2032)2個
    電池寿命 連続使用約400時間
    主な材質 ABS樹脂
    外形寸法/質量 164mm × 29mm × 20mm (突起部を除く)/ 約45g(電池を除く)
    付属品 電気伝導率標準液(1.41mS/cm)1本(14mL)、処理液 1本(14mL)
    交換消耗品(形式) センサ:S070
    標準液:Y071H(高電気伝導率標準液)、Y071L

 主な特徴

    • ●雨の汚染度チェックのような微量サンプル測定から、農業でのEC測定における浸漬測定も自由自在の一台二役。
    • ●便利な塩分濃度・TDS換算表示も付いています。
    • ●防水・防塵構造(IP67相当)、塩分/TDS測定、自動温度換算(25℃温度換算係数2%固定)、自動レンジ切換、自動校正(1点、2点選択可) *高電気伝導率標準液(Y071H)は別売り、オートホールド、オートパワーオフ(15分)、単位変更(S/cm⇔ S/m)
    • ●コンパクト電気伝導率計 <LAQUAtwin> B-771はコンパクト電気伝導率計Twin Cond B-173の後継機種です。
    • 【用途】
      *雨水・河川・湖沼・熱帯魚の飼育水・土壌・塩害対策など
    • 【つける】
      実験室で使用するときは、ビーカーに直接浸して測定。センサーガードのスライドキャップは開けておきます。
    • 【すくう】
      川などでは直接つけて、そのまますくい取る。ストラップを付けてぶら下げても使えます。
    • 【微量】
      0.05mL*から微量測定も可能。スポイトでセンサの上にたらして測定下さい。*サンプリングシートB使用時には、0.05mLから使用可能です。B-711には(電気伝導率)は対応していません。
    • 【平面センサ】
      研究室用分析装置と同じ原理の測定用電極群*1と温度補償電極を、わずか1 mm以下の薄さに集積した、LAQUAtwin独自のセンサです。液体はごく微量で測定することができ、水分を含む固形物や粉末、シート状のサンプルの測定にも対応※2します。 *1 B-711/712(pH)にはpH応答ガラス膜と比較電極、B-771(電気伝導率)には電気伝導率セル、それ以外の機種(各イオンおよび塩分)にはイオン電極と比較電極を内蔵しています *2 B-771(電気伝導率)は、固形物、粉末、シート状サンプルの測定に対応していません。
    • 【イオン電極】
      水溶液中の特定のイオンに反応し、その濃度(活量)に応じた電位を生じる電極のことです。イオン選択性電極とも呼ばれます。イオン電極は短時間で測定でき、より高度な分析法であるイオンクロマトグラフィとの相関もよいことが特徴です。イオン電極はイオン選択性にすぐれていますが、他のイオンの影響をまったく受けないわけではありません。各イオン電極には、共存するイオン種ごとに選択係数があり、これは測定対象イオンに対する共存イオンの影響の割合を表したものです。たとえば、ナトリウムイオン電極に対するカリウムイオンの選択係数は1×10-2で、もしナトリウムイオンとカリウムイオンが同じ濃度で共存する場合、測定対象のナトリウムイオンの測定値は1%(1×10-2)高く表示されます。

コンパクト導電率計(電気伝導率計) B-771のセット商品はこちら


コンパクト導電率計(電気伝導率計) B-771のシリーズ商品


コンパクト導電率計(電気伝導率計) B-771とご一緒にいかがでしょうか


コンパクト導電率計(電気伝導率計) B-771と一緒に使えるオプション商品はこちら


コンパクト導電率計(電気伝導率計) B-771 の関連カテゴリ


商品を選ぶ サポート 企業情報
カテゴリ一覧 サイトマップ 会社概要
よくある質問 個人情報保護方針
お問い合わせ 特定商取引法に基づく表示
Q&A一覧 FAX問い合わせ
FAX注文 納入実績

計測器・理化学機器専門通販サイトの株式会社テックジャムが運営しております。
Copyright (c) Tech-Jam All rights reserved.